デジタル化の
ヒント

様々な事例を見て新たな発見をしよう!
DEGITALKA
都道府県
大阪府
業種
宿泊業,飲食サービス業
会社情報
主に病院や施設などでの給食業務
実施者
調理師
会社規模
201〜人
初期費用
0
月額
0

ジョブカンを導入することで勤怠申請を効率的に行うことが出来た上に管理も行いやすくなった

この記事は約3分で読めます。

改善したきっかけ

当社は病院や施設などに給食への提供を行っております。

今の職場で働き始めて5年くらいになります。最初の頃は従業員の出勤は出勤簿と申請書類で管理されていました。出勤日にはハンコを押して、有給申請には有給の申請書類を出さなければなりませんでした。

また、有給申請には理由を書かなければならず、交通費の申請にも領収書や距離の申請がありました。最近になって、退勤管理のアプリが導入されました。

改善のきっかけは、本社側の事務処理の簡潔化ではないかと思います。また、不正をなくす効果もあると思います。

今は社会がペーパーレスの時代ですし、業務効率化の時代であるので時代の流れに沿っているのだと思います。パソコンでのデータ管理をすることで、情報がパソコン一つで完結するので業務は格段にやりやすくなったと思います。

・事務処理を簡略化したい
・不正を無くしたい

改善した方法

ジョブカンを導入した

ジョブカン

初めてでも、誰でも、簡単に使える、業界No.1*の勤怠管理システム
ジョブカン勤怠管理は、これ1つで勤怠管理業務に必要な機能を備えており、それでいてシンプルな操作性であるため、初めてでもすぐに使い始められます。

https://jobcan.ne.jp/
No.1勤怠管理・シフト管理システム「ジョブカン」
導入実績70,000社以上。ITトレンド年間ランキング7年連続No.1。出勤管理、シフト管理、有休管理、残業管理まで勤怠管理業務に必要な全ての機能を備えています。無料から使えるので、タイムカードと比べてコストや業務時間を大幅に削減します。

業務の効率化を行うことが出来、管理が行いやすくなった

具体的には、各店舗にパソコンを設置し、各個人にタイムカードが配布され、出勤時と退勤時に打刻をします。勤務時間は事前にアプリ上にデーターとして作っておいて、そこに当てはまる時間で打刻がされているかどうかを本社の人が管理をしているようです。

これをすることによって、現場の職員も毎回ハンコを押して、残業や有給の申請書類を書くという業務が、パッとタイムカードをかざすだけで瞬時に済むことになり、大幅に時間の短縮に繋がると思います。

また、本社の事務の方も、わざわざ各店舗の出勤記録をチェックする手間が省け、パソコンでのでデータチェックだけで済むようになったのでとても便利で効率的になったと思います。

やはり、このように便利なツールはどんどん導入していくべきだと思いました。

評価

適切な改善ができ、課題は解決することができた

今後の目標

今後も便利なツールを取り入れて業務を改善していきたい

多くの会社でパソコンやデータを使った業務が進んでいてとても便利に、効率的に業務ができるようになってきたと思います。

ハンコや書類が主流の時代よりもとても簡単に業務改善ができるし、その分、人件費や残業代を当てる項目が減ったと言えるので、これからの時代にはこのような変化はとてもいいことだと思います。

多くの会社で手軽に取り入れることができるので誰でも簡単にできるのでいいと思います。これからもどんどんこのような技術は進んでいくと思います。

タイトルとURLをコピーしました