デジタル化の
ヒント

様々な事例を見て新たな発見をしよう!
DEGITALKA
都道府県
東京都
業種
情報通信業
会社情報
ネットワークに強いIT企業
実施者
管理者
会社規模
201〜人
初期費用
0
月額
0

システム開発プロジェクトでExcel管理をRedmine管理にシフトした!

この記事は約2分で読めます。

改善したい課題

システム開発プロジェクトをExcel等を使って手作業で管理していたため、非常に手間がかかっていた。
それにより以下の問題があった。

問題

  • 管理方法がプロジェクト単位で違った
  • 無駄な作業が多かった
  • 社員の不満も継続的にあった
  • 資料はほぼ全てExcelを毎回作成していた

例えば工程表は、進捗を記入して、ガントチャートの進捗矢印とイナズマ線を手で更新していました。

コスト管理表は、全員が作業にかかった時間を記録したシートを管理者へ提出し、定期的に管理者が集計を行って共有していました。

改善のきっかけ

あるとき有志がツール化・一部自動化することで、省力化しようという改善プロジェクトをボトムアップで立ち上げたことがきっかけとなった。

そしてそれが、ある程度成果を出してきたことで、全社プロジェクトになり当プロジェクトも改善することになりました。

改善の取り組み

Redmineを導入しプロジェクトのあらゆる情報を入力した

ツールに入力することにより、ガントチャートの更新や作業にかかった時間=コストの手集計が全て自動化されました。

Redmineの導入で、課題はすべて改善することができました。作業者は統一された方法で管理情報を入力できるようになりましたし、管理者は集計作業から解放されました。

導入したツール

Redmine

Redmineは、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアです。プロジェクト全体、それぞれのタスクの進捗状況をチームで共有しプロジェクトの進行を支援します。

https://redmine.jp/
Redmine.JP - オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア Redmine 日本語情報サイト
プロジェクト管理のオープンソースのソフトウェア「Redmine」の日本語情報サイト。Redmineは設定次第でさまざまな業務に適用できる、柔軟なプロジェクト管理・課題管理ソフトウェアです。

評価

適切な改善ができ、課題は解決することができた。

一方で、全プロジェクトの入力方法が統一されたことで、プロジェクト固有の情報を管理するのが逆に面倒になったという声も聞こえてきている。

今後の目標

プロジェクト固有の情報を入力できるようにし更なる効率化を目指す

プロジェクト固有の情報を入力する方法は議論中ですが、それにより改善できると見込んでいます。

タイトルとURLをコピーしました