デジタル化の
ヒント

様々な事例を見て新たな発見をしよう!
DEGITALKA
都道府県
兵庫県
業種
卸売業,小売業
会社情報
大型スーパーマーケット
実施者
レジスタッフ及び発注・発送係
会社規模
201〜人
初期費用
15,000,000
月額
0

レジスタッフの採用が難しいので、画像認識方式によるレジの無人化を行い、コストと人件費の削減を図った。

この記事は約2分で読めます。

改善したい課題

レジスタッフの求人募集を行っても中々集まらず、来た人もお客様とのトラブルが原因で退職することがあり、人手が不足している。

また、コロナのような感染症対策は今後も継続していく必要があり、レジの無人化は避けて通れないものと考えています。

問題

・レジスタッフが足りていない
・感染症対策として、レジの無人化を進める必要がある

レジスタッフの人員を増やすことは困難

スーパーマーケット全体の売上が伸び悩んでおり、また、原材料の高騰による商品価格の上昇も問題です。そのため、人件費を大幅に減らす必要があり、人員を増やすことは困難です。

改善した方法

画像認識方式によるレジの無人化を実施した

カメラで商品を認識し合計金額を計算

カメラの前に商品を置くことで購入しようとしている商品を認識し、合計金額を計算するようにした。

リアルタイムで商品を認識し合計金額を計算

陳列棚の重量センサーと天井に設置したカメラを組み合わせることで、天井に複数設置したカメラが人の動きを追跡し、会計時に自動で合計金額が計算することも可能。

評価

改善効果はあるが、実施前と変化が少ない

レジ操作が難しく、煩わしさも残る

レジを自身で操作する必要があるため、年配の方には操作が難しいことがあった。
このため結局人手が必要となり、係のいるレジを利用されている。

今後の目標

今後は年配の方にもご利用頂けるよう案内板を設ける等、誰でも利用しやすい環境を作り、レジの無人化を進めていきたい

タイトルとURLをコピーしました