IT部門代行サービスとは?

IT部門の作業を弊社で代行するサービスです。

一般的なソリューションでは業務を分析してその結果をもとに業務システムを導入しますが、本サービスでは業務システムの導入以外にもIT資産管理や社内インフラ整備などのIT部門でしかしない作業も行うので、会社まるごとITによる最適化を実現できます。

例えばこれらのことはすべて代行範囲内です。

  • 業務分析~業務システム導入までの支援
  • パソコンやサーバ等のIT資産管理
  • インターネット環境やセキュリティ等のインフラ整備
  • クラウドサービス導入による対外的な調整作業
  • ITの最新状況は動向などの情報共有

上記以外の作業であってもお客様に合ったITをご提供致します。

代行のメリット

・無駄なIT費がかからない

お金に関するヒントを伝える女性

ITに関する作業が定常的に発生しない状況で新しく従業員を雇うと作業がない期間ができてしまい無駄に人件費が掛かることになります。作業が発生したときに必要な分だけ代行サービスを依頼することでIT費を抑えることができます。

 

 

 

・外部の専門家が的確な作業をしてくれる

IT化に関する打合せをしている二人の男性

ITに関する作業は必ずしも外部の専門家に依頼する必要はありませんが、最近では作業効率や情報漏洩リスク等を考え依頼する方が増えています。

税は税理士、労務は社労士に依頼するように、ITはITのスペシャリストに依頼しIT化を少しずつでも進めていくことが情報格差の解消へと繋がります。

 

 

代行のデメリット

・業務や社風の理解に時間がかかる

特殊な業務形態の場合に業務理解に時間がかかってしまったり、社風や習慣を無視したITのご提案をしてしまいご迷惑をおかけすることが少なからず発生します。その際は少しでも早くお客様の一員として認めていただけるよう誠心誠意尽力致します。

・事務手続きの手間が増える

お客様の大切な業務情報を扱うため守秘義務契約書やお互いの義務を示した書類の確認と押印を依頼する場合がございます。どちらも円滑にIT化を行うために必要な書類ですので申し訳ございませんがご協力お願い致します。

良いサービスを提供するための取り組み

・今日明日での導入は致しません

良いサービスはお客さまとじっくりと話し合い、しっかり準備することが大切だと考えております。「今日中にしてほしい」「今週中にしてほしい」といったご要望を頂いたとしても、可能な限りご要望に添えるよう努力致しますが、期間については添えかねる場合がございます。
また、依頼から導入までの期間を長くすることにより作業ペースを平準化しコスト削減もしております。

この取り組みはお客様に良いサービスを低価格でご提供するための柱となるため第一優先と位置付け実施しております。

・長くお付き合いできる関係作り

信頼関係を築くために誠心誠意努力する男性

ITは長期間継続的に実施することで最適なITを導入することができます。
早ければ導入した次の日にも新しい技術や流行りが登場するため、常にPlan(計画)・do(実行)・check(評価)・action(改善)のサイクルを回し続け最適なITを導入することが大切です。

まずは長くお付き合いするための基盤となる信頼関係を築くため、誠心誠意努力致しますのでぜひ作業内容でご判断ください!

 

・地域密着型サービス

弊社は東大阪市を中心に大阪府のみに絞ってサービスを展開しております。
これにより密な打合せによる認識の食い違いやトラブルを未然に防ぎ、ちょっとしたご相談や簡単な作業の依頼をして頂きやすくなっています。

IT部門があることは大きな優位性です。
今までIT部門がなかった中規模・小規模のお客さまもこの優位性を享受し売上UPや新規顧客獲得につなげることで地域活性化の面でも貢献致します。

地域密着

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。06-7493-9696受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら